須崎市とネコとお遍路と私

🐱Susaki-city, Pets, cats, dogs, Shikoku, Ohenro, Ivent, Sightseeing🐶

ペットと暮らすヒトはどこにでもいるのだ。草の根啓発活動の大事なこと

f:id:aisudog:20181013062105j:plain


土佐酒造株式会社「桂月」の回し者のようになっている 高知県の認定動物看護師 武田真優子(@aisu_dog)です。

昨日は高知市の「草や」さんで行われた「桂月と季節のお料理と愉しむ会」に参加しまして、じゃんけん大会勝ちでプレミアムな前掛けと手ぬぐいをいただきました。ありがとうございます!(前掛けは亀泉に続いて2つめです✨)

 

 

今日はお酒の話をするのではなく(笑)、私がしている草の根の啓発活動のひとつのやり方を書いてみますね。決してこれが正解ということではなく、武田式のやりかたと思っていただければ幸いです。

 

 

基本的に場が好き

私はお酒があってもなくてもその場を楽しめる人です。でも、お酒も飲めます。
お酒自体が好きというより、そこにうまれる場が好きです。お酒はそのスパイスだと思っています。(お酒に呑まれている場は好きではないで、スーッと消えます)


そのような場所で出会う方とは自然に自己紹介が始まります。私はペット関連でお仕事をしている人であり、東京からの移住者なのでおもしろがっていただけます。

そんなとき、自分のことを話すだけでひとつの啓発活動になります。

 

  • 動物看護師であること
  • ペットの介護あること
  • ペットと暮らすって簡単ではないこと
  • 須崎市にペットの専門学校があること
  • ペットと泊まれる宿があること
  • 老ネコホームがあること
  • 須崎市に日曜市があること
  • 災害時ペット同行避難のこと

 

お話ししているうちに

 

  • 自分が暮らしているペットのこと
  • 昔暮らしていたペットのこと

 

を、その方が話し出してくださることがあります。胸につっかえていた思いが溢れ出て泣き出してしまう方もいます。それほどにペットと暮らすことは、その方によりますが深いところに影響するのだなと思う瞬間です。



もちろん、自分のことだけではなくみなさんのお話も楽しくお伺いします。場が好きなので:)

 

 

小さな小さな積み重ね

このように一体何になるの?という程度 の本当に小さなことの積み重ねで私は高知県でお金をいただいて暮らせています。またこの小さな小さなことの積み重ねが、ペットと暮らすヒトの意識を変えると信じてお話ししています。



一人の方のお話

お酒を一緒に飲んでいた一人の方が

 

ハリネズミやモモンガと暮らしたいけれども、病気になった時に病院はどこに行けばいいだろうと考えて、今は暮らしていない」

 

とおっしゃっていました。これすごく大事なことなんです。

ペットもいきものですから、病気になることになることがあります。具合が悪くなって病院を探すことは手遅れになることもある。できれば、共に暮らす前から考えておいていただきたい。特にイヌやネコ以外の動物は、診察していただけないこともあるんです。(いい悪いではなく)

 

ですので、その方がペットと共に暮らした後のことを考えてくださっていることは嬉しいなと思いました。

 

「可愛い」「かわいそう」の気持ちも迎え入れるひとつの理由にはなります。しかし、感情的に迎え入れて「やっぱり違った」となるケースも残念ながら見てきています。

その方は、ご友人が保護されたネコたちと暮らしていてそのお話を聞いたそうです。ご友人の言葉が、彼女には響いている。

 

草の根啓発活動の大事さを感じた桂月の会でした。



そんで「桂月と季節のお料理と愉しむ会」はどうだったの

 

f:id:aisudog:20181013082438j:plain

お酒は7種類お料理も7種類あり、大満足。 個人的にはパンナコッタがイチオシ!

 

 

f:id:aisudog:20181013082636j:plain

草やさん、このような機会を下さりありがとうございました。