須崎市とネコとお遍路と私

🐱Susaki-city, Pets, cats, dogs, Shikoku, Ohenro, Ivent, Sightseeing🐶

出張!こむぎ店長~ネコと外出をすること~

f:id:aisudog:20181009232120j:plain

 

ウサギもネコも外に連れていくことにしている 高知県に住む認定動物看護師の武田真優子 (@aisu_dog)です。

 

この画像のネコは、高知県にあるAirbnbすどまり宿「どうぶつすどまりBOOK」の店長こむぎです。彼女は店長になるために生後半年の時、四万十から引っ越してきました。

今でちょうど1歳半になりました。

 

f:id:aisudog:20181006080424j:plain

引っ越してきてから2日の姿。この貫禄。

まだ顔があどけないですね。もともと強いハートを持っています。これは半分は生まれ持った性格、半分は育った環境によると思っています。

 

 

ただ、彼女がどのように生後半年まで育ったのか、私はほとんど知りません。

 

この記事を読んでくださっている方の中には、イヌに社会化時期があることをご存知の方がおられるかもしれませんね。.どんな刺激も受け入れやすい(たとえば、おむつや歯磨きなど)時期で、イヌは16週(4か月)頃まで、ネコはもっと短く8週(2ヶ月)頃までです。

 

彼女を四万十川沿いで拾った友人が、幼い頃から車に載せてくれていたこと

途中預かった別の友人が小さい子慣れ、リード慣れしてくれていたこと

 

は知っています。いろんな方の家で世話してもらっていたそうなので、そのようなしつけや訓練を受けてきたのかはわかりませんが、持ち前の受け入れる幅の広い性格は、いつも私を助けてくれます。

 

このようにどこに連れて行っても、その後具合が悪くなることはないですし、

さすがに車内ではしませんが、移動先ではトイレもします。歯磨きも水分出来るようになりました。

 

持ち前の明るい性格と、ヒトが大好きなことで、専門学校に連れて行っても嬉しそうにしています。(たくさんおやつがもらえるからね)

 

 

これらのことは、災害時ペット同行避難時にはすべて役立つことですし、もちろん全てのネコがこうなれるとは思っていませんが(性格の部分が大きいので)、ひとつの理想として紹介できることはありがたいことです。

 

もし、あなたと暮らすネコが臆病ですぐ隠れてしまう性格であったとしても、それは「外出ができない」という理由にはなりません。何かあれば、どうしても動物病院には連れて行かないとならないですし、元気な時からできることはいくつもあります。

 

災害時には一緒に避難する必要もあります。

 

そんなことも、これから書いていけたらいいなと思っています:)

 

 

きゃろさんが昨日の記事に反応してくださって嬉しかったです。

ありがとうございます!

 

 

ひとりでも多くの方に

 

「災害時ペット同行避難ってそんな簡単じゃないかも…」

「でもこれやってたら、動物病院行くのも楽になるかも!」

 

ということに気づいていただいて、ペット目線から、日常の生活の中で楽しくペットとコミュニケーションをとってくださる方が増えてくださるといいなと思っています。

 

 

🐱おすすめの記事🐶