須崎市とネコとお遍路と私

🐱Susaki-city, Pets, cats, dogs, Shikoku, Ohenro, Ivent, Sightseeing🐶

教育は「つなぐ」こと

 

f:id:aisudog:20181002181622j:plain

熊本市にある竜之介動物病院。九州動物学院が併設されている。

高知県須崎市在住の認定動物看護師の武田真優子( @aisu_dog )です。

ご縁あって、高知ペットビジネス専門学校で講師をしています。

 

 

自分が「先生」になることなんて、この人生であるとは思っていなかったです。しかし、この記事にも書いてあるように、誰にも言っていなかったけれど「自分の経験を専門学校で伝えられたら」という気持ちは強く持っていました。また、これから新しくペットの仕事を志す方に「自分と同じ思いをしてほしくない」とも、思っていました。

 

起こりえることを事前に知られれば対策ができますから。精神的に落ち込んでしまうことの「予防」にもつながります。

 

 

少し前に嬉しいことがあったんです

 

2年前私が高知県移住してきた時、はじめに住んだのは四万十町にある「かっぱバックパッカーズ」というゲストハウスでした。現在はこちらからまた引っ越して須崎市に住んでいます。

 

少し前、かっぱバックパッカーズのオーナーからメッセージが来ました。「私のことを知っている動物看護師さんが泊まりに来てくれた」と教えてくださったんです。その動物看護師さんは私のことを知っていて「武田先生元気かな」と気にしてくださっていたそうです。

 

この方が私のことを覚えててくれたことも嬉しかったですけれども、こんなふうにつながるということが言葉がうまく出てこないんですが、すごいことだなと思ったんです。

 

私のことを覚えてくださって、ありがとうございます!



こんなこともあります。高知県のペットショップに行くと専門学校の研修生や卒業生が働いていることに遭遇することがあります。

 

そんな時笑顔で「あ、武田先生!」と声をかけてくださったり、私から手を振ったりします。また忙しそうに働いてる姿をただ横目で見ていることもあります。そんな時はやっぱり嬉しくなるもんなんですね。

 

この前、声をかけて話した卒業生には、「武田先生先生の授業が好きだったんですよね」と言ってもらえました。もちろん機転の利いた社交辞令かもしれないですけれども、それであってもその方のためになっていたと思うと本当に嬉しくなります。

 

「お金をもらって授業をしているからためになることをして当然」 との意見もあるかとは思いますが、もちろん生徒さんのためになるように授業はしています。どうやったら伝わるのかということも、生徒さんの意見も聞きながら常にアップデートしています。けれど、本当にその方自身のためになるのかは私がコントロールできることではないのですよね。



「つなぐ」を意識する

 

私の祖父は中学校の先生でした。彼の子供たち、つまり私の父も入るわけですが、彼らの中で先生になった人はいませんでした。

 

孫の私が先生になったことは誰もが予測していなかったことですが(笑)、その祖父に「自分の教えた子たちがいろんなところで活躍していると知ると嬉しくなるね」と伝えると、祖父もニコニコしながら頷いていました。

 

ちょうど2年前から、私は「先生」として生徒に自分の経験や知識を含めた授業を伝えることになりました。

 

東京では動物看護師として働いていて、また、自分でイベントを開いたりしていたことはありましたが、いわゆる教育機関で仕事をしたことはありませんでした。過去の実績がほとんどない状態のオファーどう考えてもリスクが高いと思いますが(笑)、それでもお声がけくださったことに感謝をしています。(すごいなーって今も内心思っています)

 

教えるということは自分が理解しさらに相手がわかりやすいように変換をし伝えることです。ですので、正直、毎回毎回が挑戦💦

 

そこから伝えたことが生徒さんに伝わり、未来につながり、また必要とされる方につながる。そのはじまり提供をする「先生」という仕事は、価値あることと同時に責任があることだなと毎度身が引き締まる思いです。

 

現状に満足せず、邁進いたします。今後ともよろしくお願いいたします。



つなぐことのこれから

 

「ペットのことを知りたいけれど、どこで知ればいいのかわからない」

 

という声をききます。また啓発という草の根の活動も大事なこととも思います。

私は、ペットのことを学ぶための場所を提供する非営利活動団体「まぜこみ」を今年7月につくりました。

 

私は認定動物看護師であり獣医師ではありません。日本の法律では存在していない職業です(苦笑)しかし、「ペットと暮らす人の困りごと」の傾向は経験上わかります。また、ペットのことを気軽に聞ける場所がなかなかないことも知っています。

 

動物病院ではないけれど、ペットと暮らすヒトとの間にあるような存在になること。

 

知りたいと思う人に知識を届けること。

 

このふたつを、これから須崎市で小さくはじめていきます。

 

詳しいことは、まぜこみウェブページ Facebookページをご覧ください。またこのブログでもお知らせしていきますので、ご期待ください!!

 

 

🐱おすすめ記事🐶