読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知県とウサギとわたし

~ペットホスピスをつくります~

9月18、19日は、動物愛護に熱い想いを持つ方が揃う、3つの講演会に参加しました

 

クラウドファンディングのプロジェクトに挑戦中の、世を忍ぶ仮の姿が「かっぱパックパッカーズ女将」 まゆゆ、その正体の、もふもふペットヘルパーの武田真優子( @aisu_dog )です。 

 

f:id:aisudog:20160921211502j:plain

 

今週は「動物愛護週間」です。その啓蒙活動として、高知市では非公開から公開されている動物に関するイベントや講演会がありました。

 

講師は全て、獣医師の西山ゆう子先生。2年前までアメリカで獣医師をされ、現在東京でシェルターを運営されている動物保護コンサルタントでもあります。

 

実は、高知県は「犬・猫の殺処分数が全国一」です。これは事実です。わたしは3月に県庁の食品・衛生課の職員さんに現状をお伺いし、その状況を理解した上で高知県移住をしました。


先日、その高知県で動物愛護センターが開設されるという発表が、高知県よりありました。これから必ず起こる南海トラフ地震に対応できるよう、ペット同行避難受け入れが可能な施設となるるとのこと。これは、大いなる進歩です。

 

このように、高知県の動物愛護への取り組みが急激に変化する中で行われた、今回わたしが参加した3つのイベント・講演会は、大変意味あるものでした。

 

●適正譲渡とボランティア活動について(非公開講演会)

●動物愛護教室(親子参加型)

●「災害に備えて」ペットと一緒に乗り越える災害

 

これらの講演会には、行政と獣医療関係者、ボランティアが一同を介していました。動物関係は特に、さまざまな想いの方がそれぞれの想いをもって活動してらっしゃるため、「連携」が取りにくい分野であると、獣医療関係者として12年を過ごしていたわたしは理解しています。それゆえ、このようなバラエティーに富んだ方の集まりは、めったにないことも理解しました。

 

高知県のこれからの動物愛護、福祉の高まりが熱を帯び、渦巻くようすみられたことを感謝するとともに、わたしもこの渦に関わりたいと、強く思いました。

 

ここに関わるためには、車が必要です。そのためのクラウドファンディングのプロジェクトに挑戦しています。

 

f:id:aisudog:20160921211049p:plain

「高知県にペットホスピスをつくる」~第一章:中古車を購入する~ - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

ただいま6名様がパトロンになってくださり、64000円、目標金額の37%に達しています。ありがとうございます。

 

あなたのご支援や想いは、確実にわたしに届きます。その想いをわたしはまずは高知県の動物たちに返します。

 

もしご興味がある方は、下記リンク先を覗いてみてください。また、興味がありそうな方にシェアしていただけることだけでも、とても嬉しいです。ありがとうございます!

 

 

以上、世を忍ぶ仮の姿が「かっぱパックパッカーズ女将」 まゆゆ、その正体の、もふもふペットヘルパーの武田真優子( @aisu_dog )でした!

 

 

■「記事、おもしろかったよ」「がんばれよ!」など、武田真優子(まゆゆ)をもし応援していただけるなら、方法は3つあります:)

1)note で月額300円有料noteを購入していただく(ウサギたちのおやつ代になります)

2)Amazonほしいものリストからおくりものをする

 

3)コメント TwitterでもnoteでもInstagramでも、お待ちしています!必ず見ています!!

 

あわせて読みたい