高知県とウサギとわたし

~ペットホスピスをつくります~

【ポケモンGO】田舎だからできる!?ポケモン集めよりも景色の綺麗さに心惹かれる、四万十川中流域に住む高知県民の遊び方

世を忍ぶ仮の姿が「かっぱパックパッカーズ女将」 まゆゆ、その正体の、もふもふペットヘルパーの武田真優子( @aisu_dog )です。

 

ポケモンGOで、楽しく遊んでいますか?

 

高知県高岡郡四万十町十川223-1にある、「かっぱバックパッカーズ」は、歩いて1分で商店街と呼ばれる通りに出られます。

 

四万十川中流域であるこの町には、歩いて行ける距離に、役場や郵便局があります。

 

f:id:aisudog:20160726105122p:plain

左奥に見えるのが、役場。レベル5になったら行くんだ!

ジムの右横にうっすらと見えるのがポケスポットである郵便局です。

 

ポケスポットでは、スポット看板を画面上でスライドさせるとくるくる回して、アイテムが得られることを昨日知り、いろいろやってみました。

 

f:id:aisudog:20160726110044p:plain

くるくる

 

さて、「田舎ではポケモンが出てこない!」と騒がれていますが、確かにこの秋葉原スクリーンショットを見るとクレイジーとしか言えないですし、

 

公園にたくさんの方が集っている画像を見ても、クレイジーとしか言えないですよね。これだけの人を動かすポケモンGOってすごい。

 

■さて、この土地だから、田舎だからこそ遊べる遊び方というと

 

観光、ですよね。

 

ポケスポットは、普段平面でしかわからない地図のスポットを、立体で見せてくれるので、

 

「こんなところにお社があるの?」

「天神社?」

 

など、車に乗せてもらっていても、新たなる発見がいっぱい!

車中でも、ポケモンに遭遇できるのがまたすごい。

f:id:aisudog:20160726110211p:plain

 

カイロス、ゲットだぜ!」

 

四万十川と道のコラボが綺麗で、いつまでも眺めていたくなる

 

当たり前ですが、四万十川も道路も平面なので、四万十川の形がわかりにくいです。

これが、歩いていても、車や電車に乗っていても、川の形がわかるんですね。

 

f:id:aisudog:20160726110532p:plain

f:id:aisudog:20160726110712p:plain

 

四万十川は、蛇行しながら、左回りに半円を描くように河口に向かうんですね。(わたしは四万十町に来るまで知らなかった)

f:id:aisudog:20160726111102p:plain

真ん中み見える水色が四万十川で、画面左下からぐぐぐっと右下の河口に流れてゆきます。

 

f:id:aisudog:20160726111314p:plain

この蛇行っぷりったら。これが、ポケモンGOの世界ではこのように見えるわけです。

 

f:id:aisudog:20160726111443p:plain

ぐぐぐっとね

また夜になると、昼間にはうっすらの動く光が、いっぱい見えます。

f:id:aisudog:20160726111558p:plain

空には星も見えます。ちなみに「おこう」焚いてます。

 

わたしは、かなり色と光に敏感なのですが、ポケモンGOはそのあたりも大丈夫。

 

景色を眺めながら、ポケモンがいたら捕まえるという遊び方で、しばらく遊んでみようと思います。

 

 

以上、世を忍ぶ仮の姿が「かっぱパックパッカーズ女将」 まゆゆ、その正体の、もふもふペットヘルパーの武田真優子( @aisu_dog )でした!

 

■この夏、お盆に田舎でポケモンゲットしたい方、ご連絡を!(まだお部屋あります)(高知市では、宿泊は不可能に近いです)

f:id:aisudog:20160720102452j:plain


「駐車場ってあるの?」「場所はどこなの?」「おもしろいところある?」「ポケストップはどこ?などの全てのお問い合わせ先は、


電話 → 090-5278-4402
Facebook「かっぱバックパッカーズ」で検索ください。

 

宿の外観などは、かつおゲストハウスのWEBページがいちばん見やすいです。(WEBページは、現在制作中✧)

奥四万十博のページにも載りました!→かっぱバックパッカーズ – 2016奥四万十博 




■「記事、おもしろかったよ」「がんばれよ!」など、武田真優子(まゆゆ)をもし応援していただけるなら、方法は3つあります:)

1)note で月額300円有料noteを購入していただく(ウサギたちのおやつ代になります)

2)Amazonほしいものリストからおくりものをする

 

3)コメント TwitterでもnoteでもInstagramでも、お待ちしています!必ず見ています!!

 

あわせて読みたい