高知県とウサギとわたし

~ペットホスピスをつくります~

移住希望者におすすめ!その土地を知るためにやっておくといい、3つのこと

https://www.instagram.com/p/BDfAMZbF0pG/

 

■ちょっと、想像してみてください

 

あなたは、知らない土地に行きましたそこで何をしますか?

 

「ガイドブックを見る」

 

いいですね!

 

「おいしいものを食べる」

 

それもいいですね!

 

パック旅行なら、どこへ行くかも考えずにすむので、それもいいかもしれませんね。

 

 

■その土地を知るためにやっておくといい、3つのこと

 

ひとつめは、「その土地のスーパーマーケットへ行くこと」

ふたつめは、「その土地のパンフレットをできるだけもらってくること」

みっつめは、「その土地の人にお勧めされた場所にいってみること」

 

です。ひとつずつ説明します。

 

 ■ひとつめ、「その土地のスーパーマーケットへ行くこと」

 

 

わたしは「決められた旅行」がとても苦手で、旅行自体がそれほど得意ではありません。その中、勝間和代さんが書かれた「マナベル」を読んで旅の認識が変わりました。

 

そうか、自ら学びに行けばいいのか。

 

勝間和代さん曰く、この本はあまり売れなかったそうですが(苦笑)、わたしにとっては人生を生きやすくなる、ひとつのきっかけとなりました。

 

この本の中に書かれていることのひとつに「スーパーマーケットへ行くこと」が書かれています。このことは、先日のライフネット生命株式会社CEOの出口治明さんと安藤美冬さんのトークイベント内で、出口さんもおっしゃっていました。

 

「そのスーパーマーケットの品揃えや、そこに来る人の顔を見れば、その土地の経済状況がわかる」

 

高知県では、「日曜市」という、300年以上前から開かれている日本で一番古い市があったり、「ひろめ市場」という、購入した食事をお店の中や通路に設けられたスペースで食べられる市場があったり、市場か活気に溢れています。

 

また、地元のスーパーにも行きました。品揃えも豊富で、レジの方々も優しく、高知県が豊かな県なんだなと伝わってました。(経済的に豊かどうかは、数字を見る必要があります)

 

ふたつめ、「その土地のパンフレットをできるだけもらってくること」

 

これは、わたしの趣味がソースなのですが、パンフレットを見て触ると、その土地の「パンフレットにかけている予算」とデザインに対する意識」が透けて見えます。

どこにいっても、たいていわたしはパンフレットや資料を持って帰ってきて、眺めることで、その土地のこともわかりますし、作った人が「何を伝えたいのか」が伝わる伝わらないも、肌で理解できます。

 

高知県から持ってきた、パンフレットの一部を載せます。

 

https://www.instagram.com/p/BGsLEL8F0vl/

イケダハヤトさんが住む、本山町のパンフレット。かわいい。

 

https://www.instagram.com/p/BGsKyzYF0uh/

高知県のれいほく地域(本山町周辺のパンフレット)

 

https://www.instagram.com/p/BGsK6IVl0u-/

 

高知県立歴史民俗資料館で見つけた、飲食店のパンフレット。いろいろ熱い。

 

 

https://www.instagram.com/p/BGsLNDvl0v-/

高知県庁でいただいた、移住ガイドブック。コレを見れば、高知県の経済がわかる。

 

https://www.instagram.com/p/BGsKtQXl0uT/

わたしが移住をする、四万十町ふくめる「奥四万十」のパンフレット。デザインかわいい。色違いの白地にこの絵バージョンは、地図になっています。

 

高知県庁にもこのようなパンフレットはたくさんあるので、移住希望者は行って見るべし!

 

みっつめ、「その土地の人にお勧めされた場所にいってみること」

 

わたしは、今年3月まで、高知県に行ったことがありませんでした。

 

情報がまっさらな状態から調べることは時間がかかるので、友人に「どこ泊まるのお勧め?」「ここからここまで行くにはどれくらい時間がかかる?」など、素直に聞いてみました。(友人ありがとう!)

 

これら情報をきっかけに、行きたい場所をあてはめてゆくと、自分プランが作れます。(こういう作り方をするので、パック旅行が苦手なんですよね…)

 

3月の旅行では、高知県庁の職員さんに時間をいただいて、高知県の動物殺処分の実体をお伺いしました。その流れて移住推進課の職員さんとお話をして、その中で地元の人お勧めのお食事処を聞き(ちょうどお昼だった)、行ってみました。

 

これが、よかった!美味しかったですし。

 

このように、旅行先で出会った地元の人に、「地元の人だから知るお勧めはありますか?」と聞くようにしています。パンフレットに載っていないような場所や、情報をいただけることも多いです。

 

知らない人に話しかけることは、ちょっと勇気がいるかも知れませんね。観光スポットに勤めている人に質問をしてみて、断られた経験は今のところありません。むしろこちらが驚いてしまうくらいの情報をいただけたりします。

 

移住は、自分の生き方を変えること。生の情報はすこしでも多くあったほうがいいのではないでしょうか。

 

 

以上、移住希望者におすすめ!その土地を知るためにやっておくといい、3つのことでした。

 

 

こちらもよかったら。

 

移住やペットに関することを載せているnoteです。

 

https://www.instagram.com/p/BDhwZXyF0vW/

 

【高知県嶺北・本山町】一杯の珈琲に込められた底知れぬ愛情|JOKI COFFEE(ヨキコーヒー)大下健一 | 灯台もと暮らし 

ヒビノケイコさんや、イケダハヤトさんも愛している珈琲屋さん。東京笹塚に2号店があり、先日もお世話になりました。いつも、ありがとうございます。