読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知県とウサギとわたし

~ペットホスピスをつくります~

ライフネット生命「セクシャルマイノリティの方向け 目からウロコの"お金"セミナー」に参加してきました

f:id:aisudog:20160314220113j:plain



3月8日、渋谷ヒカリエで開催された「セクシャルマイノリティの方向け 目からウロコの"お金"セミナー」に参加してきました。

 

参加するよの記事

aisudog.hatenablog.com

 

会場入りする前に「武田さん参加するんですか?」とのメッセージや、「残業で行けない…」と悲しみのコメントをいただいたり、参加者に知り合いの顔もちらほらとあり、このセミナーへの関心の高さが伺えました。

 

見た目の男女比は「7:3」、ざっと30人ほどの参加者でした。

 

 

f:id:aisudog:20160314220256j:plain


ライフネット生命保険株式会社の森さんから「死亡保険金受取人範囲を同性パートナーにまで広げた経緯とその条件」のお話があり、つづいて「保険の商品説明」がありました。

 

セクシャルマイノリティは、現行法制度からはずれている存在なので、意識して生活してきた人が少ない

 

個人的な肌感での傾向のお話ですが、セクシャルマイノリティは、あらゆることが「ない」という前提で生活をしています。

 

たとえば「結婚」。
たとえば「子ども」。
たとえば「相続」。

 

結婚をして子どもで、そしたら生命保険が…学資保険が…というそのライフプランを頭に描くセクシャルマイノリティは、ほぼいないでしょう。描いたとしても、制度を利用することができませんでした。ですので、ライフネット生命さんがその風穴を開けてくださった、といっても過言ではありません。


森さんの説明では「死亡保険金受取人範囲を同性パートナーにまで広げた」ということは、特に新しい保険というわけではなく、その文字のとおり、「範囲を広げた」ということ。現在、申請条件はさまざまですが、保険会社11社で同性パートナーの死亡保険金受取が可能です。

ライフネット生命では、自治体の証明書等は必要ないため、居住地を問わず、全国どこからでもインターネットで申し込める。これは、カミングアウトしていないセクシャルマイノリティの方も安心できますね。

 

ライフネット生命では、保険は「インフラ」だと考えている

f:id:aisudog:20160314220400j:plain

 

「インフラ」とは、水道・ガス・電気などをさしますが、保険も「インフラ」であり、「いざというとき」のためのもの。それは安ければ安いといい。よって、ライフネット生命の保険は全て「かけすて」であり、貯蓄機能は備えていません。

 

ここには、ライフネット生命CEO 出口治明さんの「保険料は半分で、安心して子どもを産み育てることができる社会をつくりたい」という、強い想いが表れています。

 

「就業不能保険」の説明もありました。

 

「就労不能保険」とは、被保険者が病気・ケガで長期にわたって働けなくなった際に、毎月のお給料の代わりのように給付金が支払われる保険

 

であり、この保険の受取範囲も同性パートナーも可能なのかは未確認です。


同性パートナーとのライフプランとは

保険の話のあとは、ファイナンシャルプランナー 竹下さくらさんより、同性パートナーのライフプランが語られました。

 

f:id:aisudog:20160314215650j:plain

 

f:id:aisudog:20160314215617j:plain

 

が、途中わたしが意識落としまして、曖昧な感じになってます…(すみません)

 

全般を通して、税制など法に即しているもの(相続、贈与など)が関わると、養子縁組みをして対応したほうがよいこともあるそうです。(ちなみに贈与税は、日本でいちばん高い税とのこと)

詳しいことは、office-takeshita ホームページ  をご覧ください。

 

わたしたちセクシャルマイノリティは、自分たちのよりよい人生について考える必要がある

世界の潮流として、同性婚が認められてきているいま、わたしたちセクシャルマイノリティは、もっと自分たちの生き方について考える必要がでてきているのだ、と、ひしひしと感じました。

 

その第一歩として、このブログ記事を書きました。(わたしが検索した範囲では、検索にかからなかったので、素敵なセミナーだったのにもったいないな…と思っています)

 

どなたかがこの記事を読んで、「お!こういうこともできるようになったんだね。じゃあ…」と明るい未来を描けるようになってくださったとしたら、嬉しいです。

死亡保険金受取人の指定範囲の拡大~「同性のパートナー」も指定可能に~

www.lifenet-seimei.co.jp

 


今回のセミナーを教えていただきました小俣さん(司会、素敵した✧)、講師のみなさま、ライフネット生命保険株式会社みなさま、ありがとうございました!

 

f:id:aisudog:20160314215829j:plain

お土産でいただいたあめは、クリームソーダ味でした。