高知県とウサギとわたし

~ペットホスピスをつくります~

【通院記録】第108回「高円寺鍼灸整骨yo-jou」へゆきました 

f:id:aisudog:20151113065115j:plain

photo credit: Olaf gets some "body work" done via photopin (license)

 

わたしは身体の声を無視し続けたことで、身体を壊したことがある人です。一時期、寝たきりに近い状態になったことがあります。

 

その中でご縁があり「高円寺鍼灸整骨yo-jou」の前身から通い続けて7年目。通院記録を毎回記事にしています。現在通っている理由は、現在は2つ。

 

  1. 身体の調整
  2. 骨格矯正  

 

わたしの場合は、調整をしていただいてから45日ほどで、セルフケアだけでは維持できなくなってきます。「いけるかも!」と余裕をみせて長く空けると、身体が急に悲鳴を上げます。そのため、およそ6週間前後で治療を受けています(最近は治療後に予約を入れるようにしています)  

 

…が、今回はイレギュラー。前回から31日で院長先生に「HELP!」の電話をしました。詳しいことは、のちほど…

 

高円寺鍼灸整骨yo-joへの通院記録は以下リンク先にまとめています。今までの治療経過を気になる方がいらしたら、読んでみてくださいね!

 

「高円寺鍼灸整骨yo-jou」へゆきました” のリンクをまとめました - 武田真優子の頭の中。


今回は、「HELP!」の電話をした2月26日のことを書きます。 さて、今回はどうしてしまったのでしょうか…



<前回来院後から来院当日までの体調>

 

f:id:aisudog:20160228191224j:plain

photo credit: Soft kitty via photopin (license)

 

●前回来院後から来院前日  

来院後からのスケジュールを今見直してみました。

 

・自宅にいた日は2日それも午前中少し休んだくらいであとは作業(文章を書いたり、GIMPというお絵描きツールの練習をしたり)

・あちこちの施設に出かけていたり、お話し聞いたり

・動物関連の勉強会参加が4日(そのうち3日は半日以上詰め込み型)

・慣れない環境でのお泊まりが2回

・ハイクラスな集まりにお呼ばれ1回

 

結果は、

 

・呼吸浅い

・お腹ガスっぽい

・身体が冷たい

 

となり、23日17時頃に帰宅し身体がだるく、そのまま寝てしまいました。

目が覚めても身体だるく、微熱あり。軽く目眩がする。でも風邪症状はほぼなし。(喉がほんの少し痛いくらい)

 

このあたりで、ある方の意図していない言葉が思ったより自分に刺さってしまい、精神的にきました。

 

翌日24日は職場の方に事情を説明し、寒気と戦いながら半分横たわりながら働かせていただいて、

25日は少し楽になったと思ったのですが…

 

運動は、ボルダリングに2回ゆき、1回は行かずにストレッチをしました。

自転車で30㎞くらい走った日もありましたし、できるだけエスカレーターを使わずに歩いています。

 

24日朝から急に、両膝裏ちょっとしたくらいがはっているような感じがありました。

 

●来院当日(2月26日)

 

26日は寒くて寒くて、お仕事の休み時間に横にならせてもらっていました。

 

これ、自律神経失調症状だ…と、自力回復は諦め、早退させていただいて、高円寺鍼灸整骨yo-jouに電話をしました。

 

26日はボルダリングへゆくつもりを予定変更で、高円寺鍼灸整骨yo-jouにゆきました。

 

良導絡の結果と今回の施術方針>

 

f:id:aisudog:20160308082022p:plain

 

「身体が、動いてないよ…」

 

開口一番の、院長先生のコメントです。

前回がグラフがよかったので、その差は歴然です。数値バラバラです。

 

 

f:id:aisudog:20160110071046p:plain

 

これ、前回の良導絡の結果です。安定してますよね。

 

ただ、自分で「おかしい」と自覚できているからまだよいです。身体のどこかが痛いわけでもなく、ただ、ここ最近には珍しく全身が冷えていて、指先が凍っているかのように冷たい。皮膚の色は黄色くありません。「身体のどこかが痛いわけではない」というのが、また初めてのことで、奇妙です。

 

上半身H1~3の低さがまた極端。とくにH2。目眩が起きているのは、ここが低いからか。

 

肩胛骨周りと、骨盤周りをして、弱めのカッピングをしましょう」と院長先生はおっしゃいました。

 

<治療とダイナミックマッサージのようす>

 

●マッサージ  

 

下半身とお腹をホットストーンで温めていただきながら、まずは上半身のマッサージから。背中を押された感じが、ちょっと「ぶわっ」としたので、「わたし浮腫んでいますか?」と聞くと、「いや、いつもこんな感じですよ」と。そうか、いつも少し浮腫んでいるのですね。

 

肩はある程度は凝っていますが、それよりも肩胛骨周り。いつもと違うコリがあり、そこをほぐしていただくと、また別のコリが出てくる。押されると、おでこの上あたりが痛くなります。

 

腕も手首も、痛い。左上半身を施術していただいて、少し冷たさが減りました。右も同様にしていただいて、少し温まりましたが、寒気は変わらず。いつもなら全身「ぽっぽ」と温かくなるのに、瞬間冷却器のように、身体が冷えてしまいます。

 

昔のわたしなら、こういう状態で温めながら処置なんてものをしようなら、意識落としていました。身体の基礎、強くなりました。

 

●カッピング  

 

 

f:id:aisudog:20160308082750j:plain

 

今回は、力を弱めにしていただきました。左肩を陰圧にされていた場所の色が赤い…

 

 

●ダイナミックマッサージ  

 

ダイナミックマッサージは、深い筋肉まで動かすような動きをします。今回は、

 

「身体、伸びない…」

 

体中が歪んでいるわたしですが、それなりに筋肉の質がよくなり、ボルダリングを再開したことで、ストレッチをすると「ぐぐーっ!」と身体が伸びるようになっていたのですが、これがガチガチに固まっている。

 

「やっぱり、身体おかしいですね…」

 

と、院長先生も心配してくださいました。

 

<今回の治療を受けてのまとめ>  

 

 施術終了後、すぐに体中が冷えてしまい、身体も重くて、しばらく横になっていました。(意識は落としていない)

 

帰宅しながら、不安になってしまいました。

 

「もし、体調が数年前に戻ってしまったら、どうしよう…」

 

もう、あんな状態は二度と経験したくないです。

想いと、身体が全く合わなくなり、やりたいことが、できなくなる恐怖。

でもそれは、身体が「もうお前いい加減にしろよ」と強制終了してくれたのだと、今は思えます。でも、ほんとうに、辛かった。

 

でも、その辛い中、数値を見ながら試行錯誤でわたしの身体に合わせた治療をしてきてくださったのが、高円寺鍼灸整骨yo-jouでした。

 

きっと大丈夫。だって、107回、高円寺鍼灸整骨yo-jouに通った記録をブログ記事として書いていることと、少しのことでは壊れないように身体を作ってきた自分への信頼があるから。今回も乗り切れる!今回の不調の主な理由はわかっているのだから。

 

と、Facebookで投稿をしたら、院長先生がコメントをくださいました。

 

今日の施術も、数年前なら落ちていたかも知れなかったではないですか。

顔色もまだ余力はあったし御自身の分析もできる余裕もありました。

体調を見極めながら養生すれば大丈夫だと思います。お大事に!

 

 高円寺鍼灸整骨yo-jouのみなさん、ほんとうに、いつもありがとうございます!!