読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知県とウサギとわたし

~ペットホスピスをつくります~

【メモ】「2015年夏、青森旅行。」 ~3日目 青森市→弘前市→東京へ~

2015年7月25日の記事を変更・改変しています。

https://www.instagram.com/p/5iosOmF0mZ/

初、青森県!

7月25~27日、青森県にいってきました。はじめての、青森県。はじめての、東北です。

 

<なんでまた、青森県に?>

米国認定音楽療法士 佐藤由美子さんに会いに行くためです。

 

7月26日に青森県で公演をされることをFacebookで知り、さらに講演会主催者であり、ケアカフェはちのへの西舘裕美子さんにお誘いを受けたからです。

 

1日目は主に十和田市へゆきました。

2日目は、この度最大の目的、音楽療法士の佐藤由美子さんにお目にかかれました!

3日目はどうなることやら…?

 

<手描きのもくじ!>

 

 

f:id:aisudog:20160125155557j:plain

 

<「青森の公共交通機関の時間に気をつけて」>


幾度も、青森在住の方に言われたこの言葉を踏まえ、朝からこの日の計画を練るわたし。どうしても東京の「3分~10分まてば次の乗り物がくる」感覚が抜けません。

17時に弘前駅で、青森の大学に通う、友人のあさかさんに会うためにはどうしたらいいのか。ざっくりと考え、それに合わせホテルの朝食を済ませ、そのまま出発しました。


<青森満喫のための、お得で便利な切符がある!?>


八戸駅にて、青森駅までの切符を買おうとして、自動販売機で買える範囲でないことを知るわたし。(わたしが乗車した範囲の青森県の公共交通機関では、SuicaなどのICカードは使えませんでした)


駅員さんに「青森県まで」と行ったところで、チラシを見ます。

 

f:id:aisudog:20160125155758j:plain

わお!弘前駅まで乗り降り自由な「あおもりホリデーパス」という切符がある。(ちなみに、八戸駅から青森駅までの運賃は2280円です)


駅員さんにお話しすると、「みどりの窓口購入です」とのこと。返金していただき、移動。券売機でも購入できることがわかったので、そちらで購入しました。

 

青い森鉄道のマスコットような針葉樹林が、線路の両脇に広がる景色を眺めながら、電車にゆられること1時間ほどすると、見える景色が変わり、海が見えてきました。そろそろ青森駅です。

 


<バスに乗って、観光できる!?>


青森駅に到着。駅から長い橋が見えます。(青森ベイブリッジというそうです)
スターバックス・コーヒーを青森県ではじめて見つけ、食事を購入しつつ、三内丸山遺跡あたりの情報を仕入れました。

 

三内丸山遺跡ゆきのバスを待っていると、隣のバス停に「三内丸山遺跡行き」の不思議なバスが止まったので乗ってみました。

あおもりシャトルdeルートバス(ねぶたん号)/青森市

 

市営バスが運賃310円なので、ルートバス運賃は200円でお安いですが、三内丸山遺跡到着まで2倍の時間がかかります。ただ、乗っているだけで観光ができるのでおすすめします。

 

<休館日とわかっていて、青森県立美術館へ行きました>

 

f:id:aisudog:20160125160159j:plain

だれもいなーーーーい!(当たり前)

 

なぜ休館日にもかかわらず、青森県立美術館へ行ったのかというと、Twitterでフォローされたからなんです。

わたしは、10代の頃から奈良美智さんが好きです。2001年横浜美術館で開催された「I DON’T MIND,IF YOU FORGET ME」では、学校に行くと行ってそのまま観に行ったりしました。(もう時効ですよね!)

 

青森県立美術館Twitterフォロワーは21人。なぜかその中にわたしがいて、奈良美智さんとアイコンが並んだのです。これって…!と勝手に舞い上がり、嬉しくて休館日の美術館にお邪魔しました。

 

f:id:aisudog:20160125160223p:plain

f:id:aisudog:20160125160237p:plain

 

 

ずっと会いたかった、あおもり犬がいるだろう場所を眺めたり、

f:id:aisudog:20160125160310p:plain

トンネルをくぐってみたり、美術館を一周してみたり、誰もいないからこそできる一人遊びを堪能しました。

 

f:id:aisudog:20160125160324j:plain

f:id:aisudog:20160125160336j:plain

 

<ガイドさんについてもらって、三内丸山遺跡をめぐる!>


県立青森美術館から歩いて10分ほどで、三内丸山遺跡に到着。こんなに大きな施設だとは知らなくて驚きました!三内丸山遺跡は館内施設は全て無料です。

公式ホームページ 特別史跡「三内丸山遺跡」

 

美術館での興奮を抑えながら腹ごしらえをし、13時からのボランティアガイドさんによる50分にわたるツアーに参加しました。三内丸山遺跡、広いです。(もちろん、自由に件がすることもできますよ!)

 

f:id:aisudog:20160125160437j:plain

 わたしが見上げている大きな柱は、15メートルある栗の木で、登ると陸奥湾が一望できるそうです。

陸奥湾のほうからこの集落までの道路が作られていたそう。縄文人は、日本各地と交易していたとのことですし、海外と交易していたような話も聞いたことがあります。集落にくる人を確かめていたのでしょうか…?その道の両脇には、お墓がずーっと続いているそう。今となくなった方への感覚が当時とは違うようですね。大人のお墓は道の両脇に、子どものお墓は家の側にあるそうです。

 

なんと、現在発掘中の遺跡を見ることができました!

「なぜこのあたりを発掘しようと思ったのですか?」とボランティアガイドの藤川さんに聞いてみたら、
「こんもりと山になっていて、他の盛土のようになにかあるという話になっていたから」ということでした。

盛土とは、土器を処分していた場所で、割れた土器を土にならして、その上で土を土に還す儀式をしていた場所だそうです。土が地層のように重なっていました。

 

f:id:aisudog:20160125160526j:plain

f:id:aisudog:20160125160537j:plain

縄文人は平均年齢30歳、男の人でも158cmほどの小柄な人たちで、この三内丸山遺跡500人ほどが住んでいたそうです。当時の大都会!!
手仕事が巧みで、おしゃれで(すでに漆塗りがあった)、編み物もあり、工夫を凝らしながら生活していた様子がわかりました。

 

f:id:aisudog:20160125160550j:plain

最初にお話した、大きな柱は「大型掘立柱」の一部ですぐ横に本物の建物跡があります。柱が建っていた跡の穴はすべて4.2メートル間隔。なぜこんなに等間隔に建てられたのかというと、最低35cmのものさしがあったのだろうと考えられているそう。住居もすべて、35の倍数で建てられているそうですよ。今もこの建物がなんのために建てられたのかは、いまだはっきりとはわかっていないそうです。(今のところ、神殿説が有力)

 

ただ、この発見から、3つのことがわかったとのこと。

1)人がたくさんいたこと

2)土木技術が発達していたこと

3)リーダーがいたこと

 

なにか大きなことを成し遂げる方法は、今も昔もなにも変わらないのだなと思ったわたしでした。

 

ボランティアガイドの藤川さん、一緒に回ってくださった旅行中のご家族のみなさま、ありがとうございました!!

 

弘前市を、友人のあさかさんと巡ります>


青森駅から、奥羽本線に乗り、弘前駅へ向かいます。八戸から青森間とは違い、平野が続きます。弘前駅に着くと、「ねぷた祭」と「りんご」に迎えられ、青森にいるんだなぁと実感しました。

 

f:id:aisudog:20160125160644j:plain

青森県に住む友人のあさかさんは、医学生。東京の大学を卒業後、医師を目指して青森の大学に入った、Twitterで出会った友人です。この日は大学が終わったあと、わたしに会いに来てくれました。ありがたい…!

わたしが奈良美智さん好きということで、弘前にいるもう一匹の犬「A to Z メモリアルドッグ」を見に行きました。

 

 

f:id:aisudog:20160125160737j:plain

あら、入院中…。よくなって帰ってきてね!

てくてく歩き、地元の食材を使ったお料理を出す居酒屋さんへ。

うまいもん処 竈 (かまど) – 弘前/居酒屋 [食べログ]

 

青森の日本酒、豊盃をいただきながら、

f:id:aisudog:20160125160810j:plain

 

 

ホヤ・黒石奥入瀬豆腐・イカメンチなどなど、東京ではなかなか食べられないものを、いただきました。ホヤはちょっと癖があって、慣れるのに時間がかかりそうでしたが、他のお料理は美味しくいただきました!!

 

あさかさん、また遊んでくださいねー!弘前駅前から高速バスに乗り、東京へ帰りました。

 

f:id:aisudog:20160125160914j:plain



<【メモ】「2015年夏、青森旅行。」のまとめ>


初めての東北旅行、「佐藤由美子さんに会いに行く!」と決めたことで、たくさんの方にお目にかかることができました。佐藤さんはじめ、みなさま、ほんとうにありがとうございました。

 

毎回「これ、やりたい!」と言って動くわたしを、そっと支えてくださるみなさまの温かさを感じ、感謝しかありません。みなさまのおかげです。


これからも、わたしは「これやる!」と言って進むことでしょう。そんなわたしを、そっと見つめていただけると、とても嬉しいです。

 

以上、【メモ】「2015年夏、青森旅行。」でした。記事をご覧いただきまして、ありがとうございました!いつかお目にかかりましょう。

 

<追記です>

1月29日より、音楽療法士 佐藤由美子さんが上梓された「ラスト・ソング」がKindle化されました。電子書籍になると、いっそうたくさんの方に読んでいただけそうですね!

 

ラスト・ソング 人生の最期に聴く音楽

ラスト・ソング 人生の最期に聴く音楽

 

 

本を読んだ感想です。参考にしていただけると、嬉しいです。

pet-to-anata.blog.jp

 

関連する記事です。こちらもどうぞ。

 

aisudog.hatenablog.com

 

ペットとあなたの10年後の暮らしを考えるblog. 

pet-to-anata.blog.jp