高知県とウサギとわたし

~ペットホスピスをつくります~

【メモ】「2015年夏、青森旅行。」 ~2日目 音楽療法士 佐藤由美子さんと会えました~

2015年7月26日の記事を変更・改変しています。

 

https://www.instagram.com/p/5iosOmF0mZ/

 

7月25~27日、青森県にいってきました。はじめての、青森県。はじめての、東北です。

 

<なんでまた、青森県に?>

米国認定音楽療法士 佐藤由美子さんに会いに行くためです。

 

7月26日に青森県で公演をされることをFacebookで知り、さらに講演会主催者であり、ケアカフェはちのへの西舘裕美子さんにお誘いを受けたからです。

 

1日目は主に十和田市へゆきました。さて2日目は…?

 

 

<手描きのもくじ!>

 

f:id:aisudog:20160125152721j:plain

十和田市から八戸市へ向かいます>


【会いたい】ヒトとつながる旅 in 青森 ~1日目 主に十和田市現代美術館~ | 武田真優子のblog.

 

で書きました、十和田市現代美術館のバスパック。ここに、主なバス時間がかかれていますが、早い時間のバスが乗っていないのです。


そもそも、バス停の地図がいただいた陽子に載っていないので、バス停がどこなのかがわからない!パソコンでいくら検索をしても、地図ではバス停の場所がわからずで、あわてましたが、

なんとなくふと、前日に十和田市美術館でいただいたフリーペーパー「とわだじかん」をみると、バス停の位置が書いてありました。よかった~

 

f:id:aisudog:20160125152937p:plain

 

十和田観光電鉄路線バス時刻表をみると、9時30分頃のバスがあります。よかった…こうして、安心してバス停へ向かいました。

 

十和田観光電鉄 乗合バス時刻表 十和田〜八戸の時刻表。土日は通常の半分の本数になってしまいます。お気をつけて~

 


<バス停でバスを待っていると…>


調べて見つけたバス停でバスを待っていると、同じくバスを待っていた地元に住むお母さんが、「旅の思い出にね~」と、甘納豆パンをくださいました。ありがとうございます。

 

f:id:aisudog:20160125153926j:plain

甘納豆パン…はじめて見ました。パンの袋に「10周年」と書いてあるので、青森ではメジャーな食べ物なのかもしれません。(このあと、青森在住の方にきくと、そうだとのことでした)

 

待ちに待ったバスに乗り、1時間20分ほどかけて八戸駅到着。本八戸へゆくまでに駅で休もうと思ったのですが、八戸線の本数が1時間に1本ほどで、あまり余裕なく、本八戸駅へ向かいました。(東京の感覚ではいけませんね)

 

f:id:aisudog:20160125153958j:plain

八戸駅のホームで、鮮やかなユニフォームを着た「はちこ」さんに出会いました。「ニッコウキスゲ」というお花の色をイメージしているそうです。

八戸公共交通アテンダント はちナビ娘“はちこ”|八戸市公共交通ポータルサイト

 

本八戸駅で少し休み、歩いて目的地へ。青森は暑いと言っても東京よりは湿度低く、日差しも緩やかです。大丈夫!(青森の人にして見たら、暑い日だったそうです)

 


<ところで、「ケアカフェ」ってなんなのさ?>

f:id:aisudog:20160125154043j:plain

わたしはケアカフェはちのへの西舘裕美子さんにお誘いを受け、米国認定音楽療法士 佐藤由美子さんに会いに青森へ行ったわけですが、そもそも「ケアはちのへ」というのはなんなのか。

 

仲間と語らえる……「ケア・カフェ」とは? 

iryokaigo.mynavi.jp


ケアに関わる人たちが語り合う場として、2012年に誕生した「ケア・カフェ」。旭川医科大学の医師 阿部泰之氏が医療や介護、福祉の連携を促進するために始め、いまや旭川から全国に展開しているプログラムです。1990年代にアメリカで始まった新しい話し合いの方法「ワールド・カフェ」のスタイルで行うのが特徴的。4、5人程度の少人数グループに分かれ、コーヒーを飲んだりお菓子をつまんだりしながら、テーマに沿って自由に会話を楽しみます。
そうなのです。参加者が対等な立場で、異なる意見が出たとしても、否定せずに尊重しながら話せる場所なのです。

 


<ついに!音楽療法士 佐藤由美子さんにお目にかかりました>


今回の青森の旅の一番の目的、佐藤由美子さんとお目にかかるときが来ました。
会場が2階なので、階段を上っていると、かすかに女性の声が聞こえました。

ああ、この声の主が、佐藤さんだ。そう、直感しました。そして、対面。

 

f:id:aisudog:20160125154225j:plain

「武田さんですね。」「…はい」

 

やっぱり美人だ…!(そこなの)


なんて、意志の強い目と、心の奥に届くような声の響きをしているんだ。この方が、「ラスト・ソング」を書かれた、佐藤さんだ。と、勝手に納得しました。


<佐藤さんの公演は、どうだったの?>

 

f:id:aisudog:20160125154335j:plain

まずはじめに、音楽療法を体験しました。

 

12人ほどでステージ上で輪になり、右手に持ちます。卵形のモノを右手持ち「take(とる)」で左手に、「pass(わたす)」で隣の人に卵形のモノを渡します。どんどん早くし、落ちても拾わずにリズムを崩さずに続ける。この逆回りでもやる。

 

これで何が起こるか。なぜか、連帯感が生まれ、笑顔になり、応援したりします。この協同作業が音楽療法を行うときのウォームアップになるそうです。

 

この後は、佐藤さんの音楽療法の説明がありましたが、全部ブログ記事として書いてくださっているので、ここではわたしも書きません。

 

詳しくは、佐藤さんご自身のブログ記事をどうぞ!

青森県八戸市での講演会 | 佐藤由美子の音楽療法日記

 

わたしは、動画を載せますね。これを聞いていただければ、佐藤由美子さんがどういう方なのか、伝わると思います。本の印税で購入したというアイリッシュハープとともに。

 

米国認定 #音楽療法士 佐藤由美子さんのアイリッシュハープによる演奏「浜辺の歌」です。

 


<講演会が終了して、ケアカフェがはじまりました>


ケアカフェでは、「音楽の力」を話し合いました。グループメンバーの自己紹介とともに、似顔絵を描いてゆきました。

 

f:id:aisudog:20160125154936j:plain

みなさんの意見をどんどん絵にして描いてゆくわたしをみて、メンバーさんがおもしろがってくださったことに驚きつつ、こうやって写真に残していただけることは光栄だなと思いました。

 

意見が出終わった後は、それぞれのグループの発表がありました。
介護に関する業界の方が多く、その立場からのお話が多かったです。(「利用者さん」という言葉は普段聞かないので、興味深く聞いていました)

 


<講演会のあとは…>


お食事会!八戸の美味しい海の幸を、お安く食べられるお店に連れて行っていただきました。とても、美味しかったです。イカが透き通っている…!

f:id:aisudog:20160125154956j:plain

 

さらに、パワースポット「プリンス」へ。

f:id:aisudog:20160125155009j:plain


カウンターの中に入って飲んだことは、ここのお店がはじめてでした!みんなでモヒートを飲みました。

 

f:id:aisudog:20160125155024j:plain

水耕栽培のような、モヒートたち。

 

f:id:aisudog:20160125155047j:plain


両手に花…!!

 

f:id:aisudog:20160125155104j:plain

佐藤由美子さんがご著書にサインをされています…!

 

こうして、八戸でのすばらしい1日が終わりました。

 

f:id:aisudog:20160125155132j:plain

音楽療法士の佐藤由美子さん、ケアカフェはちのへの西舘さん、スタッフさん、わたしとお話ししてくださったみなさま、ありがとうございました!!

 

青森の旅は、まだまだ続きます!!

 

関連する記事です。こちらもどうぞ。

 

aisudog.hatenablog.com

 

pet-to-anata.blog.jp

 

ラスト・ソング (一般書)

ラスト・ソング (一般書)