読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知県とウサギとわたし

~ペットホスピスをつくります~

「ツナガル!」が「総透明化社会」で生き抜くキモ!! - バンドじゃないもん!と出会ったキセキを記します- #ミスiD #バンもん

2014年9月26日公開の記事を編集・改変しています。

わたしはこの9月、「バンドじゃないもん!」というアイドルグループにキセキな出会いをしました。

 

f:id:aisudog:20160105054327j:plain

 バンドじゃないもん!というアイドルグループをご存じですか?リーダーの鈴姫みさこさんのツイート画像をみて、「介護されるのか?」というファンのつぶやきがあり、おもしろかったので描いてみた!(2014年9月20日noteより

 

「バンドじゃないもん!ってなんじゃそら?」というあなたも、
「そんなのもう知ってるぜ!!」というそこのあなたも、よかったらお目通しくださいね。すごい「ツナガル!」が見えてきますよ。


<今回のキセキの始まりは近藤那央さん>

 


わたしにはには、近藤那央さんというTwitterお友達がいます(以下、那央さん書きますね)。

 

那央さんはスプツニ子!さん関連で知った方で、大学一年生。(現在2年生)高校生のときから、ペンギンのロボットを創っている、ロボットクリエーターです。わたしは初めて知ったその日から、那央さんを応援しています。
 

きっかけは「はやぶさ」 ロボペンギン制作のJKは今、慶大でロボットを研究中 

ascii.jp

 

ある日Twitterを眺めていると、那央さんが「ミスiD2015セミファイナリストになった」と知りました。(このときまでわたしは、「ミスiD」の存在を知りませんでした)お友達が頑張っているので、Twitterでつぶやいたりして応援していました。具体的に何が応援となるかわからないまま…

 

その後、那央さんが「ミスiD2015ファイナリストになった」と知ります。さすがにミスiDを知らずに応援するわけにはいかなくなりました。

「ミスiD」とは、”講談社主催の“新しいタイプの女の子”を発掘し、育てるオーディション企画です。””王道の女の子じゃない、クラスや職場の端っこにいる、でもそれらをどう表現していいかわからない女の子の「可能性」を発掘し、「次世代のフラッグシップガール」として一緒に作り上げていこう!というガールズプロジェクトです。”
ミスiD2014について


22 近藤 那央 Miss ID|TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

那央さんの将来の夢は「世界中の人がロボットと暮らすこと」。そのために「アイドルになってロボットを知ってもらう!」だから「ミスiDになりたい!」

…わたしもそんなステキな世界を見てみたい!!

このようにミスiDについて調べている流れで、まさに「(ω)」という犬の口元を持つ「甘夏ゆず」という女の子を見つけました。

 

4 甘夏 ゆず Miss ID|TRANSIT GENERAL OFFICE INC. 

甘夏ゆずさんのプロフィール自己紹介動画を見て、可愛いなぁとは思いましたが、それだけでした。「バンドじゃないもん!」がなんなのかの認識もここではありません。

 

 


<1週間後、9月14日のことです>

 

わたしのプライベートの状況が変わり、18日に大森靖子さんのタワレコミニライブいけなくなった代わりに20日に行けるようになったので、検索をしたら、「優先席」というものがあることがわかりました。

 

このライブの記事は、以下です。もしよかったらお目通しください。

aisudog.hatenablog.com

 

 

決めたら即動くわたしなので、午後にTOWER RECORDS新宿店さんに向かい、無事に大森靖子さんCD予約ができて、満足。ふと横を見ると、なにやらミニライブがある様子。

わたしは「こけぴよ」というアイドルを応援しているので、ミニライブがどういうものか知ってはいますが、集まっているお客さんの数がとても多い。

 

誰が来るのだろう…と、ステージ後方に貼られているTOWER RECORDSとのコラボポスターを見ると…姫カットツインテール…セーラー服…秋葉原系??…あれ?この「(ω)」という犬の口元どこかでみたことがあるぞ。あれれ?うーんと…………「甘夏ゆず!!」

即、ミスiDのページを検索。甘夏ゆずさんの自己紹介ページに「バンドじゃないもん!」って書いてあるし、目の前のお知らせも「バンドじゃないもん!」だーーーーーーーー!!

f:id:aisudog:20160105053125p:plain

近藤那央さんが、甘夏ゆずさんと一緒に写った画像をTwitterに上げていたし、間違いない!!

 

 

<ここで、考えるわたし>


甘夏ゆずさんがミスiDに出た理由は、おそらくたくさんの知ってもらいたいという認知。

わたしはもともとバンドじゃないもん!を知らなかった。たまたま近藤那央さんを知っていたから、つながった。わたしがこの日この時間にTOWER RECORDS新宿店にきたのはたまたまだけど、甘夏ゆずさんが行動した結果の一部がわたしの今日の行動につながる。

 

「こういうのって、伝えないとならないと思う!だから最後までいて、何らかの手段で”ミスiDファイナリストおめでとうございます”を言葉と想い伝えよう!!」

 

という、変な使命感がわきあがり、さっそく実行することに。思い込みって怖いですが、すごいパワーが生まれますね。


<バンドじゃないもん!さんのミニライブに参加した!>


事前情報全くなし、通りがかりで参加したわたしでしたので、状況の把握が必要でした。タブレットで発売したCDの動画やメンバーさんのプロフィールを見ていました。

 

まわりでは、アキバ系というのか、いわゆるアイドルファンのライブの盛り上げ方をを間近ではじめて見て、、圧倒されました。会場外にいたわたしでしたが、楽しくライブに参加していました。バンドじゃないもん!のメンバーは、遠くにいる人に手を振ってくださいました。これは通りがかりの人も嬉しいと思う!!


<「ミスiDファイナリストおめでとうございます」を言葉と想い伝えるにはどうしたらいいの?>

 TOWER RECORDSのこの日のライブページを見ると、チェキ会と握手会がある様子。CD予約し、今日支払をすれば、CD1枚分で握手ができる。この機会を使えば、「ミスiDファイナリストおめでとうございます」を言葉と想い伝えられます。

 

ライブが終わった後は、【チェキ会→囲みチェキ会→そのチェキへのサイン会→握手会】の順番で、握手会は最後でしたので、ひたすらに握手会の時間を待ちました。

 

<やってきた、握手会の時間>

 

驚かれる方もいるかもしれませが、わたしは極度の人見知りです。(信じてもらえないでしょうけど、根の性格はそうなんですよ)初めての人、それも綺麗可愛い女の子と話すのが、ほんとうに苦手です。

 

しかし、そんなことは言ってられないのです。お話しできるのは各30秒程度。何を話すか頭の中で繰り返す。繰り返す。繰り返す。くり…(゜ロ゜)←順番が来たらしい

とにかく「通りすがりで握手会に参加したこと」「パフォーマンスに感動したこと」の2つを伝えることにしました。ひとりひとりお話をしていて、ついにゆずポンさんと話すことになったわたし。

 

「は、はじめまして。通りがかりで握手会に参加しています。ペンギンロボットを創っている近藤那央さんとお友達で、ミスiDで甘夏さんのことを知っていて、お会いできたのなにかのご縁だと思って!ミスiDファイナリストおめでとうございます!!」

 

と言っていたら、スタッフさんに【はずし】ということをされました。(肩を持たれて移動させられること)ゆずポンさんはまだお話ししてくださろうとしていたのですが、残念でした。でも、伝えられてよかった!


<ところで、タイトルの「総透明化社会」てなによ>

 

あ、そうでした。「総透明化社会」は、わたしが敬愛しているITジャーナリストの佐々木俊尚さんの著書「自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~に書かれている言葉です。

 

 

自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~

自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~

 

 

自分の日常や考えていることを会社や他の人たちに見てもらい、丸見えになることで自分という人間性を保証することができる。

 

このように、互いに何でも見えてしまう社会を「総透明化社会」と佐々木さんは定義されています。

 

フェイスブックも、Twitterも積み重ねによって信頼をしていただけるようになります。見ようと思えば、過去に遡ることができる。どんなの人なのか、簡単にわかってしまうのです。

 

バンドじゃないもん!でいうと、彼女たちが口にする目標を、その目標に向けての行動を、もんスターは見ている。愚直に目標に進むその姿を見ているから、支えたいって思うんですね。

「ツナガル!」ことで、「総透明化社会】」を斜め上に駆け抜ける、キセキのアイドルグループ「バンドじゃないもん!」。夢の武道館公演、行けちゃいますよ。わたしも信じます!!

 

バンドじゃないもん! - ツナガル!カナデル!MUSIC - YouTube 

www.youtube.com

 

わたしは、バンドじゃないもん!との、このキセキはなにかのご縁だと思っています。だから、わたしも動き出すことに決めました。きっかけをくださってありがとうございます!

わたしも、この【総透明化社会】を斜め上に駆け抜けて生き抜きます✧

以上、「ツナガル!」が「総透明化社会」で生き抜くキモ!! - バンドじゃないもん!さんと出会ったキセキを記します- 」でした。

記事を読んでいただきまして、ありがとうございました。いつかお目にかかりましょう!