高知県とウサギとわたし

~ペットホスピスをつくります~

【メモ】菜々緒演じるシリアルキラー”橘カラ”がドラマ内で語った「信頼を得るためには、2つ」に、自分なりに同意したので記事にしてみる

f:id:aisudog:20151023035240p:plain

 

火曜10時、関西テレビではじまった「サイレーン」。

 

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 | 関西テレビ放送 カンテレ http://www.ktv.jp/siren/index.html

松坂桃李×木村文乃が“恋人&相棒”に 「サイレーン」スタート<1話あらすじ/劇中カット> - モデルプレス http://mdpr.jp/news/detail/1535197

 

菜々緒さん演じる”橘カラ”の存在感が際立っているこのドラマ。


ひとことで内容をお話しすると、【主人公の彼女が、シリアルキラー(連続殺人犯)に狙われてしまった】である。

シリアルキラーは、信頼を得た”獲物”しか殺さない連続殺人犯のこと。その信頼を作る段階で、菜々緒さん演じる”橘カラ”が語った、

 

「信頼を得るためには、2つ」

 

が、わたし自身の考え方に似ていたので、自分の言葉に直して説明をしてゆく。

 

 

 

f:id:aisudog:20151023035235p:plain

 

<「信頼を得るためには、2つ」とは?>

”「信頼を得るためには、2つ」。ひとつめは、【役に立つと思わせること】。ふたつめは、【弱みを見せること】”

 

ドラマ内で”橘カラ”はどのようなことをしていていたのかを、書いてみる。

 

●ひとつめ【役に立つと思わせること】

シリアルキラー”橘カラ”は、木村文乃さん演じる警察機動隊である”猪熊 夕貴”が関わる事件の解決のきっかけを与えます。

 

●ふたつめは【弱みを見せること】

シリアルキラー”橘カラ”は、自分が整形していることを、”猪熊 夕貴”に伝えた。

 

 

<ここで、武田真優子の「信頼を得るためには、2つ」と”橘カラ”との違いを書きます。>

”「信頼を得るためには、2つ」。ひとつめは、【GIVEの5乗をすること】。ふたつめは、【自己開示をすること】”

 

●ひとつめ【GIVEの5乗をすること】

 

シリアルキラー”橘カラ”は、【役に立つと思わせること】と表現したが、これは【相手の役に立つ】という点では【GIVEの5乗】と同じだが、【自分がその相手の上立場であり】、かつ【強い見返りがある前提の物言い】である。

 

その【強い見返り】は【命を奪うこと】である。

 

わたしのいう【GIVEの5乗】は、経済評論家、勝間和代さんから学んだことである。ひとことで説明すると、このようになる。

 

「見返りを求めず、できることをできる範囲で相手のためにしよう」

 

人間、欲は必ずある。わたしは特に、感謝欲の塊である。人が困っていることが解決されることが、嬉しい。

つまり、「見返りを求めない」ことは、「欲がない」ことではない」

 

「もしかして、なにかのときに、思い出してくれることがあったらいいな」程度には、わたしも思うことがある。そんなことを思うこともなく、動き出していることもある。

 

【見返りの強さの違い】が、シリアルキラー”橘カラ”とわたしの違いである。

 

●ふたつめは【自己開示をすること】

 

言葉は違えど、この2つ目に関しては、自己開示をしたあとに求めるものが違えど、シリアルキラー”橘カラ”に、同意する。

ただし、「弱み」と表現することは、【自分がその相手の下の立場】になっている。【自分が相手の上の立場】になるために。わたしは相手との関係をやたらと卑下することも、関係性を強調することもしない。ゆえに【自己開示】と表現し直した。

 

人が何かを行動を起こすときには、目的が必ずある。
意識しているかいないかは、関係がない。

 

わたしは意識的に【自己開示をすること】はほとんどないのだが、自己紹介をしていると、特にアイデンティティーに関わることを話すことになる。そうすると、急に相手の顔つきが変わり、姿勢を正してくださるときもある。


アイデンティティーに関わること、これは、シリアルキラー”橘カラ”の場合の「整形」であり、わたしの場合は「セクシャルマイノリティ」である。

 

相手との関係が「きゅっ!」と近づく。相手も、同じような自己開示をしてくださることが多い。


このように、【自己開示をする】ことによる効果は、わたし自身がよく知っている。ただし、この効果を、どのように使うかは、その人次第となる。

 

【相手に求める関係性の違い】が、シリアルキラー”橘カラ”とわたしの違いである。

 


<「信頼を得るためには、2つ」で信頼を勝ち取った、シリアルキラー”橘カラ”は…?>

 

まだ、1話が放送終わっただけという、通う10時のドラマ「サイレーン」。


「なにかがおかしい」と気づいている、木村文乃さん演じる”猪熊 夕貴”の彼氏、主人公である、松坂桃李さん演じる”里見 偲”が、これからどう彼女をまもってゆくのか、見もの。

 

以上、菜々緒演じるシリアルキラー”橘カラ”がドラマ内で語った「信頼を得るためには、2つ」に、自分なりに同意したので記事にしてみる】でした。